スリリンダブルの1億個の乳酸菌とは?

昨日大食いのテレビを見ていたらギャル曽根さんが、なぜあれだけ食べても痩せているのか?の疑問に対して、『胃腸に普通の人以上の乳酸菌がいるため』というような解説がありました。


『どういうこと?』






そう思ったら、わかりやすい解説がありました。


ギャル曽根さんはかなりの量を食べますが、かなりの量排出されるみたいです。。。


まぁ、考えてみれば当然なのですが、『食べたら排出する』というこの機能が優れていることが、ダイエットの基本なのかもしれません。


実際、便秘気味の人も多いと思いますが、便秘していると体調もくずれがちですし、お肌にもよくありません。


ということで、今回は、ダイエットの基本と思われる胃腸の乳酸菌について詳しく調べてみました。



乳酸菌とは?


乳酸菌とはお漬物や乳製品に含まれています。





よく聞くビフィズス菌というのは乳酸菌の代表的な菌であり、そのほかにもブルガリア菌、アシドフィルス菌、サーモフィラス菌などがあります。


たとえば、よくスーパーで見かける明治のブルガリアヨーグルトには、ブルガリア菌とサーモフィラス菌が含まれています。


また、森永のビヒダスヨーグルトには、ビフィズス菌が含まれています。


こんな感じで、よくスーパーで販売されているヨーグルトにはブルガリア菌、ビフィズス菌などを中心として含んでいます。





こういったビフィズス菌などは人の腸の中に住んでいて、腸内環境の改善に役立っています。具体的には腸内にある有害な菌によって生成されるアンモニアなどの腐敗産物を減少させて、排便状態をよくします。


なので、乳酸菌が適度に腸内に生息することで、便通をスムーズにし、結果として健康的なからだづくりに役立っています。


乳酸菌を増やすには?


さて、こうした便通をよくしてくれる乳酸菌ですがどうしたら効率的に摂取できるのでしょうか?





大きくは2つの方法です。


1つ目が発酵食品をとることであり、2つ目がサプリなどの形で摂取するやり方です。


発酵食品とは具体的にはヨーグルト、漬物、納豆、キムチ、みそ、チーズといった食品をとることです。





ただ、ぬか漬けや納豆など、取り方によっては塩分の摂りすぎにもなるので取り方には注意が必要です。


2つめは濃縮されたサプリや整腸剤として摂取する方法です。この場合、様々な種類の乳酸菌が凝縮されているので、効果的にいわゆる腸内フローラを整えることができます。


腸内フローラが整うことで、便通も快調になりそれはお肌などにも好影響をあたえます。さらに言えば、腸には免疫に関する影響もあるので、病気に強いからだ作りにもなりえます。


乳酸菌まとめ


乳酸菌はそれが豊富にあることで腸内環境がととのい、便通がよくなり、体調もよくなります。





健康的なからだというのは代謝もよく、その意味ではダイエットにもいい影響をあたえます。


普段、目には見えない腸環境ですが、じつはダイエットだけでなく、お肌や免疫機能などにも影響しているのです。


快適な腸活をして健康的にダイエットしたいものです。


↓↓腸活にもなるスリリンダブルを試してみる?↓↓


 

サイトマップ